12月15日(木)午後1時~

 

平安閣本館1階のホールにて、青森東消防署から講師をお迎えし、

リンクモアスタッフ参加の救命救急講習会が行われました。

 

pc150349 pc150339

 

実際に、平安閣の本館には「AED(自動体外式除細動器)」が設置されています。

その使い方が分からなければ何の意味も果たさないということで、当社では

使い方を忘れないよう以前から繰り返し講習を行っています。

 

pc150360 pc150366

 

私たちは、いつ、どこで、突然のけがや病気におそわれるかわかりません。

もちろん救急車を呼べばそれでいいと思うかもしれませんが、けがや病気が重篤で緊急を要する

ものは、救急車が来るまでに私たちでもできる応急手当があります。

それを「救命処置」といいます。

 

pc150348

<心肺停止の早期認識と通報>

 

pc150347

心肺停止かもしれない状態の人を見かけたら、大声で応援を呼び、

119番通報とAEDの手配を周囲の人に依頼。

 

pc150361 pc150363

 

<心肺蘇生とAED>

私たちスタッフも、実際に心肺蘇生からAEDの使い方を学びました。

講習とはいえ、人の命をつなげるために、スタッフも一生懸命です。

 

救急車が到着するまでに私たちでできる事があります。

今回初めて講習を受けたスタッフからは

「今までこういう時にどう動いたらいいのか分からなかった。教えてもらえてよかった。」

「ひとりで何とかするより、周りに助けを求めるのも大事!」

という感想がありました。

AEDを知らないスタッフがいないよう、そして使い方を忘れないよう繰り返し講習を続けて

いきたいと思います。