お祭り一色の青森市内にて、

8月3日、『THEオリオン』のライブを開催いたしました。

 

 

会場となった「平安閣アネックス」1階では、

開演前からほぼ満席の状態で、盛況ぶりを見せていました。

 

 

トップナンバーは、

川中美幸さんや五木ひろしさんのコンサートコーラスを務める、

井出真理さんの「ヤマト」。

会場に響き渡るソプラノの歌声に、お客さまも聞き惚れている様子でした。

 

 

 

 

次の「見上げてごらん夜の星を」に続き、

むつ市出身のシンガーソングライター、板橋かずゆきさんからメンバーのご紹介。

川中美幸さんのバックバンドリーダーも務める、

ピアノ担当の原洋一さんとの掛け合いも絶妙で、たくさんの笑いを誘っていました。

 

 

 

 

また板橋かずゆきさんが、作詞・作曲したナンバーは、

自身の自己紹介でも話された、

青森盲学校での生活や大学病院での手術経験などから作られたものであり、

会場では歌に込められた想いに感じ入り、涙を拭う姿も。

そんな雰囲気をも、板橋さんの優しい声が、温かく包み込んでいるようでした。

 

 

 

 

ライブの半ばには、当社のイメージキャラクター「ほっとちゃん」の出番も。

全員で「ほっとちゃ~ん!」と声を掛けてもらい、登場のはずが……

 

 

掛け声と同時に現れたのは、

菅笠を被り手に錫杖を持った原さんというサプライズで、

この日いちばんの笑いとなりました。

 

 

 

 

 

さらに、弘前さくらまつりをイメージした楽曲で、

板橋かずゆきさん作曲、川中美幸さんが歌う「津軽さくら物語」、

心に響く応援ソングとしても話題となった「だいじょうぶ」、

アンコールではバラード調の「優しい口癖」を披露。

 

 

 

 

最後は、お祭り期間らしく、笛の音とともに「ねぶた」を熱唱してくれました。

 

 

 

ライブに訪れてくれたお客さまからは

「本当に感動しましたし、すごく貴重な時間でした」

「前からファンで、この日を本当に楽しみにしていました」

「楽しくて、あっという間の2時間でした」など、声を掛けていただきました。

 

 

 

 

 

また、この日の青森ねぶた祭に参加する

「ケア付き青森ねぶた“じょっぱり隊”」の出陣式にもオリオンとして出演。

みんなが主役の「ねぶた祭」を大いに盛り上げてくださいました。

 

 

 

 

当日オリオンのライブにお越しいただいた皆さま、

またご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

尚、今回のライブでは、チケット売上げの一部を

「リレーフォーライフジャパン青森」

「NPO法人いのちの教育ネットワーク」へ寄付しており、弊社も協賛させていただきました。