9月7日(木)、「医療法人 雄心会」様へお伺いし、

「グリーフサポート」についてお話しする機会をいただきました。

 

 

当社では、今年の5月より全6回にわたって、

株式会社ジーエスアイ・橋爪謙一郎氏を講師に迎え、

「グリーフサポート」についての社内研修を実施。

 

そんな中で、少しでも「グリーフサポート」の考えを

広げるためのお手伝いをさせてもらうべく、

雄心会さまのご厚意により、お話しする場をご提供いただきました。

 

 

「グリーフサポート」についてはもちろん、

医療現場へのご説明も初めての試みとなった今回。

 

僭越ながら、私ども葬儀社ができるサポートについて、

実例を挙げつつ、お話させていただきました。

 

 

 

 

第1章は、当社葬儀部長・船水による、体験談を二話。

大切な人を亡くした際のご家族のお気持ちや、

亡くなったことの受け入れの難しさなど、

お客さまより学ばせていただいたことをお話いたしました。

 

 

また、第2章として、平安閣カシータ総支配人・寺山より、

そもそも「グリーフ」とは? についてご説明。

グリーフサポートによって影響を受ける様々な状況についてや、

実際に平安閣で取り組んでいる事例をご紹介させていただくとともに、

その一つひとつが「グリーフサポート」になり得ることだとお伝えしました。

 

 

最後は、20代で父親を亡くした寺山の体験をもとに、

「グリーフを知ることは、相手をより深く理解し、

適切な対応にもつながる」ことと、述べさせていただきました。

 

 

 

 

今回、ご協力いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

 

これからもお客さまへの「グリーフサポート」に努めながら、

「リンクモアができるグリーフサポート」につきまして、

少しでも広く知っていただけるよう、取り組んでいきたと思っております。