「遺される人に迷惑をかけないために」と題した、

第4回いきいきほっとちゃん塾が、19日(金)、

平安閣アネックス1階で開催されました。

 

 

30名以上の方が受講して下さった今回講師は、

有限会社丸山の代表取締役社長で、

(社)終活カウンセラー協会認定の終活カウンセラーでもある、

丸山愛一郎氏を迎え、終活についてのお話をお聞きしました。

 

 

これまでより、終活が行われるようになった理由や

葬儀に人気がなくなってしまった理由などを冒頭でお話くださり、

葬儀の良さを伝えるために活動を始めたことも伝えていました。

 

また、終活で最も重要なこととして、

「自分の葬儀は自分で決めて、

遺される人にきちんと伝えること」と五十嵐氏。

 

 

寿命が延び、葬儀も多様化する時代だからこそ、

自分のしたいことを自分で決めてほしいと仰っていました。

 

さらに、事前に13の項目を書いた用紙が渡されており、

葬儀で必ずする作法や葬儀は誰が決めるのかなど、

それに沿った形式で進めてくださいました。

 

最後には、いま一度、

「自分の葬儀は自分で決める。それを遺された人に伝える。

それが遺された人に迷惑をかけないためになると思います」と、

話されて、今回の講義を締めくくられました。

 

 

講座の後には、当社認定「葬祭アドバイザー」の認定式を行い、

今回は、9名の方が新たにアドバイザーとして加わることとなりました。

 

 

 

次回は、ほっとちゃん塾の最終講となっており、

また、新しいアドバイザーさんが誕生することと思います。