2018.11.03

いまさら聞けない「お葬式の常識」

 

11月2日(金)、第3回目となる

「いまさら聞けない『お葬式の常識』」セミナーにて講師を務めてまいりました。

 

 

お話させていただいたのは、

1回目、2回目と同様「青森市中央市民センター」での市民講座。

 

 

会場となった3階の大会議室の窓からは、赤く染まった木々と、

今月12日にオープンする当社4つ目のホール

「平安閣CASITA Katta光」の看板もくっきりと見えていました。

 

 

今回、講師を務めさせていただいたのは、弊社葬祭部の土田玲子。

経験に基づく葬儀の話はもちろん、葬儀が持つ役割についても触れさせていただきました。

 

 

 

第1部では、なぜ葬儀をするのかをお伝えしながら、その要所々々でエピソードなども披露。

 

 

 

第2部との間に挟んだ休憩時間には、

会場に持ち込んだ「手元供養」へと皆さん集まってくださり

「自分の子どもや孫に渡したい」

「寝室に置いて手を合わせたい」など、高い関心をいただきました。

 

 

また、第2部では、家族葬やワンディ葬など、最近の葬儀傾向についてもご説明。

最後に設けた質問のコーナーでは、やはり最近の葬儀へのご質問が多く、

熱心に聞いてくださる方々の姿が印象的でした。

 

尚、お応えの途中にて、市民センターさんのお時間の都合により、

少し早めの終了となってしまい、

最後までお聴きになれなかった方には大変ご迷惑をおかけしました。